キャッシング カード

あって良かった!カードでのキャッシングは万が一に役立つ

何となくで持ったカードキャッシング

ショッピングが好きで休日はウィンドウショッピングとしてショッピングモール巡りをしている私ですが、今まで金融関係のクレジットカードやカードキャッシングの類を持った事は無く、手持ちの現金が無いと欲しい物があっても泣く泣く諦めていました…。

理由としてはクレジットカードの場合はお金が直接減らないのでどうしても使ったという感覚が薄れそうで、限度額まで使ってすぐに負債まみれになると思っていたのです。今でも、買い物においては現金以外は不安になります・

そこで悩んだのが、カードキャッシングでした。キャッシングというのは現金を借りる事ですので、ある意味ではクレジットカードよりかは現金が手元に残り、その金額内で買い物をするので、まだ安心できそうだったのです。

とはいえクレジットカードすら抵抗があった私がカードキャッシングを持つという事はなかなか踏み切る事が出来ず、兄が「どうせこれから先も同じ悩みを抱えるなら、現金を借りれる方がまだ使い道が多いし無駄遣いしにくいんじゃない?」といったので、カードキャッシングの方を作る決心をしました。

持ってて良かったキャッシング

当初はクレジットカードでの買い物もカードキャッシングでの借り入れもどうせ借金…とネガティブにとらえていた私なのですが、カードキャッシングは本当に驚きの使い勝手の良さだったのです!

例えば良くあるコンビニでの公共料金の支払いはクレジットカードは不可能と画面に表示されるのですが、私が持っているのは『現金』を借りるカードキャッシングです。

そこで公共料金支払いの際に給料日前で手持ちが足りなかった私はその場でコンビニATMを操作し、初めての借り入れを行ったのです。そう、カードキャッシングは対応ATMさえあれば実質上財布にカードキャッシングがあれば現金があることと同じなのです。

そして操作は極めて簡単に、欲しい分だけすぐに借りることが出来ました。こうして身近なATMに対応した借入枠というのは非常に使う機会が多く、困った時にも咄嗟に使う事ができるのは強みですね。

カードキャッシングを持つのも使うのも散々悩んでからなのですが、ここまで役立つなんて驚きであり、嬉しい誤算といった感じでした。今では懐が寂しい私の強い味方としていつも財布にスタンバイしてます!

将来にも影響アリってホントなの!?銀行員とキャッシングの関係

銀行員とキャッシング…お金に関わるものとして、非常に近いところにいるように見えますが、なかなかその関係は複雑なようです。

なんとなく、私は銀行員と言えばお金に対していい言い方で言えば几帳面、悪い言い方で言えば細かいというイメージがあります。やはりお金を扱う仕事をしている以上、お金がもたらすパワーも怖さも知っているのではないか?と思ってしまうんですね。また、銀行員の人の中にはキャッシングに対して非常に冷ややかな目で見ている人も多いという話も聞きます。一般的なイメージも含めてもちろんですが、やはり銀行に比べると消費者金融のイメージは悪く、蔑むといっては言いすぎですが心象は悪いもののようですね。

しかし、意外にもキャッシングを利用している銀行員はいるようです。「消費者金融をバカにしている感じなのになぜ?」と思うかもしれません。そもそも、銀行員は借金なんてしないイメージがあるので私としても驚きでした。しかも、銀行員なんて収入が安定しているイメージがあるため、借金なんてする必要がないとも思ってしまいます。

銀行員がキャッシングを利用する理由はもちろん個人によって様々なので一概にこれ!とは言えないのですが、非常に遊興費が高いことが理由のひとつにあるようです。営業をしていく中で、多くの社長さんなどお金をもつ人と知り合いになります。彼らの金遣いを見ていたり、接待などでお金を使っているとお金に対しての感覚が麻痺してしまうことがあるのだそうです。そうして、お金は入ってきますが、それ以上にお金が出て行ってしまう生活を送る人も少なくないのだとか。お金が非常に近いところにあると感覚が麻痺してしまうというのは、なかなかに納得してしまうところがありますね。

とはいえ、やはり銀行員から見てキャッシングを利用している人というのは心象としていいものではありません。住宅ローンを組むときや、就職で銀行員を希望している場合はキャッシングの履歴が残っていると非常に不利になります。特に就職したい場合、借入状況は必ずチェックされます。自分が借りていなくても、家族が消費者金融から借り入れをしているだけで採用が不利になる、なんて話もあるくらいなのです。キャッシングの利用履歴は5年程度情報として残りますので、就職活動前に全て精算したとしても、履歴はしっかり残っていますので、銀行員を目指す場合は学生生活の中でキャッシングの利用は一切しないようにしないといけません。住宅ローンや車のローンに関しては、特に不利になることはないようですので安心してください。住宅ローンを組みたい場合は、現在借り入れがあるならば完済してからのほうが審査に通りやすいと言われています。利用履歴が残るという条件が一緒であれば、返済が続いているよりも一切借金がない状態のほうがお金を貸しやすいからです。頭金を多少崩してでも完済を優先したほうがいいでしょう。

今は、銀行もカードローンとして消費者金融に似た事業を行っていますので、少しは目をつぶってくれてもいいのでは…と思うのですが、なかなかそうはいかないのでしょうね。

本当にあるの?消費者金融に申し込んだ後にくる勧誘電話

時々耳にすることが、「消費者金融に融資の申し込みをしたら、頻繁に電話がかかってくるようになった」というものです。勧誘電話自体、非常に迷惑という感想を持つ人は多くても好きだという人はほとんどいないと思いますが、銀行や不動産ならまだしも、消費者金融からの勧誘電話が家にかかってきたら…なんて思うとかなりヒヤヒヤするものがありますよね。

勧誘電話の内容としては、申し込みをして実際借りなかった場合(契約しなかった場合)は、「うちでお金を借りませんか?」といった内容がほとんどのようです。また、他社から借りている場合は「○社さんからお金を借りているようですが、うちで借り換えを行いませんか?」といった内容の勧誘もあるようです。お金を借りたことがある会社からかかってくる勧誘電話は、すでに完済して新たな借り入れを行っていないときには「また新たに借り入れをしませんか?」といったものや、「利用限度額を増やしてもっとお金を借りませんか?」といった内容が主なようです。借り入れていて返済中の場合は、追加の借り入れを勧誘する電話はあまりかかってこないと思われます。

また、申し込みをしたキャッシング会社以外からも借り入れの勧誘電話がかかってくる場合もあるようです。さまざまなカードローンやキャッシングの会社がありますが、出資している銀行が同じ…なんて場合は珍しくなく、名前こそ違えど実はグループ会社だった!ということも多いのです。その場合、顧客情報を共有していたら系列会社から勧誘を行う…という可能性もないとは言えません。もちろん、全ての会社が行っているというわけではありません。最近は個人情報の管理に関しては非常にシビアになっていますし、系列グループであっても顧客情報を共有しないところも多いでしょう。ただ、個人情報に関してまだまだ甘い管理をしている会社があるというのも事実です。

もし勧誘電話がかかってきた場合、「今はお金を借りる気がないので、連絡は今後結構です」と一言伝えれば収まることも多いです。電話をかける方も、全く借りる気がないのに電話をかけても時間の無駄ですし印象も悪くなってしまいますから当然のことと言えます。また、サポートセンターに連絡を入れ、「電話勧誘をしないように設定して欲しい」とお願いするのもいいでしょう。キャッシング会社と契約を行う際、DMなどの連絡は全て不要と伝えておくのもいいですね。中には非常に低い金利で審査なしでお金を貸します!と、非常にウマすぎる話を持って勧誘してくる業者もいるようですが、悪徳業者の可能性が非常に高いです。中には大手の金融業者を騙っている場合もありますので、勧誘電話を受けてその場で契約してしまうのは非常に危険です。「うまい話だけど怪しいな…」と思ったら、きっぱりと断るか、「必要になったら改めて連絡するから、担当者名を控えさせてほしい」とでもいって、担当者名を控えてこちらから再度問い合わせる形にしましょう。

どうしてもこっそりお金を借りたい…在籍確認なしでは無理?

在籍確認は、お金を借りる上で非常にネックになっているシステムです。会社に電話をかけられるのはヒヤヒヤしますし、もし会社名を出されたら…と思うと、「やっぱり怖い!」とキャッシングの申し込みを断念することもあると思います。インターネットで検索を行っても、在籍確認がないキャッシングを探している人は非常に多いことがわかります。

ずっと、お金を借りる上では在籍確認は切っても切り離せないものというイメージでしたが、最近はどうやら変わってきているようです。キャッシング会社の中には、在籍確認一切なし!を謳っている商品も出てきています。また、基本的には在籍確認が必要ではあるけれども、条件を満たせば在籍確認なしでお金を借り入れることが出来る場合もあるようです。

その条件は、源泉徴収票などの収入を証明するものを提出することです。基本的に収入を証明する書類は一度に50万円以上借り入れる場合か、他社と合わせて借り入れ金額が100万円を超える場合にのみ提出を求められるのですが、在籍確認がいらない商品の場合や在籍確認を行ってほしくない場合にも提出する必要があるようです。源泉徴収票などの収入証明書は、年収が記載されているだけでなく、あなたの住所氏名に加えて会社の住所なども記載されています。源泉徴収票があることで、きちんとその会社に在籍していると確認が取れるというわけですね。源泉徴収票がない!という場合、確定申告書や給与明細書でも問題ありません。要は、収入(年収)がわかるもので、勤務先の会社名や連絡先がわかれば大丈夫です。もちろん、有効期限内のものでないと意味がありませんので間違って古いものを提出しないようにしてください。

加えて、在籍確認なしの商品の場合、源泉徴収票などの収入証明書の提出だけでなく、特定の金融機関に口座を所持していないと申し込むことが出来ないなど、一般的なキャッシングと比較して条件が厳しくなっています。該当する口座を持っていれば便利ですが、持っていない場合は口座を作らない限り利用することが出来ませんので少々不便と言わざるを得ません。

また、注意しなければならないのは、どこのキャッシング会社でもこのようにすれば在籍確認なしで審査を進めることができるわけではないということです。在籍確認なしの商品を除いて、基本的には在籍確認を行うことが決まりになっています。あくまで「どうしても在籍確認を行ってもらうことが厳しい」といった場合の譲歩のようなものです。もちろん、利用者として打診する権利はありますから、申し込む前に「在籍確認はどうしても行ってほしくない」という旨を伝えて相談してみるといいでしょう。

お金を借りるとき、一体どんなことについて調査が行われるの?

キャッシングを利用してお金を借りるときに必ずあるのが審査です。多くの方は、消費者金融などを利用する際に審査があることをご存知だとは思いますが、一体自分の何が調査され、審査されているのか気になりますよね。調査の内容を知っていれば、よりお金を借りやすくなりますし、限度額が上がる可能性もあります。一体、何を調査し、審査の対象としているのでしょうか?

結果から言ってしまうと、一体何を調査し、どのように審査されているのかは誰もわかりません。思わずがっくりしてしまった方がいたら、なんともゴメンナサイな話ではありますが、審査の基準はキャッシング会社それぞれ企業秘密にしています。その理由はもちろん、審査の基準を誰もがわかるようにしてしまうと、簡単に審査が通ってしまいますし、そもそも審査する意味がありませんよね。しかし、全く情報がないというわけではありません。審査の基準自体は明かされていませんが、お金を借りる際に重視される項目、調査される項目の一部はわかっています。

まずは、年齢です。若い人や定年が近い人は、転職や退職で収入が途切れたり、なくなってしまう可能性があるため慎重になります。20代後半から50代前半くらいであれば、特に年齢で審査に不利になってしまうことはないでしょう。次に、年収と勤続年数です。年収はもちろん、返済が行える程度の年収があるかどうかに加えて、貸すことが出来る金額の上限も年収によって決まりますので重要な項目と言えます。例えば、年収300万円の人が150万円お金を借りたいと思っていても、法律で借り入れることが出来る金額の上限は年収の3分の1までと決まっています。そのため、借り入れたい金額と年収のバランスを見て、実際に貸すことが出来る金額を決めるため、年収は非常に重要ですね。勤続年数も、長いほうがいいとされています。あまりに短いとすぐ転職を行うために年収が上下しやすいのでは?という懸念が生まれるためです。

また、他のキャッシング会社から借り入れがないか、住宅ローンを組んでいないかなど、お金周りの調査も細かく行います。特に、過去に何回も支払いを滞らせていたりしないか、ブラックリストに入っていないかは入念にチェックされるでしょう。お金を貸してもなかなか返済できないようであれば、貸す意味がありませんからね。他社からの借り入れがあると審査が通らないということはありませんが、借り入れがない人と比較すると不利にはなります。

そして、意外かもしれませんが居住年数も審査の対象になる場合があります。転居を繰り返していると、返済せずにどこか転居して住所を変えてしまうのでは?と考えてしまうからなんですね。住所を変えるて携帯番号も変えてしまうと、回収に時間がかかる場合がありますから、リスクが高いと判断されるのです。

基本的にこれらの項目に問題がなければ、お金を借りることが出来ると思っていいと思います。ただ、やはり個人個人でお金の状況は違いますので、同じ条件でもお金を借りられる人と借りられない人に別れることも珍しくありません。まずはホームページ上などで簡単な審査を受けてみましょう。

クレジットカードのキャッシング機能を利用して手軽にお金を借りよう

キャッシングを利用してお金を借りよう!と考えても、なかなか実際行動に移すのは面倒だったりしますよね。お金に困っていて早急に必要ならば手段は選べませんが、特にすぐ借り入れなくても問題ない状況であるならば尚更です。

審査の中で在籍確認があり、会社に電話をかけられるのが嫌だから、家に郵便物が届いて家族にバレるのが嫌だからキャッシングを利用したくないと考える人も少なくないと思います。そんなときは、クレジットカードのキャッシング枠を利用してみてはどうでしょうか?

キャッシング枠のメリットは、クレジットカードに付随しているため新たに申し込む必要がない点です。消費者金融で借りようと思う場合、どうしても審査の時間は待たなければいけないので、審査が長引くとその日のうちに利用できない…なんて場合もありますが、キャッシング枠の場合はその審査が終わっている状態ですから思い立った時すぐに使うことができますので、タイムラグがありません。利用したいと思ったら、クレジットカード会社と提携しているATMにクレジットカードを挿入するだけでOK!その場で現金が引き出せるので、すぐに支払いなどに利用できます。返済は基本的にクレジットカードにひも付けされた預金口座から引き落とされます。翌月一括返済か分割のリボ払いか選択することができるので、利用額や自分のライフスタイルに合った返済方法を選んでください。より少ない利息で利用するならば一括返済がおすすめです。

では、キャッシング枠のデメリットを見てみましょう。まず、キャッシングなどでお金を借りることができる額の上限は、「総量規制」という仕組みで決められています。その上限は年収の3分の1までで、クレジットカードのキャッシング枠は総量規制の一部に入ります。もし、総量規制にのっとった借り入れが可能な上限額が100万円で、キャッシング枠が40万円だった場合、他の消費者金融で借り入れることが可能なのは60万円までということになります。注意するべきことは、実際にキャッシング枠を利用してお金を借りていなくても「40万円借りたことになっている」とみなされる点です。複数のクレジットカードをもっていて、そのいずれもキャッシング枠が設定されている場合には、利用していないキャッシング枠で総量規制の上限までいっている…なんて可能性もあります。また、住宅ローンなど銀行でローンを組む際、キャッシング枠があると審査が不利に働くこともあります。

メリットも非常に大きいキャッシング枠ですが、デメリットもあります。しかも、デメリットについてはこちらが知らない間にそうなっていることが珍しくありません。一度、手元のクレジットカードの明細を確認して自分のカードはどれくらいキャッシング枠がついているのかを確認してみるといいでしょう。複数枚のクレジットカードにキャッシング枠がついているならば、必要な1枚だけを残し、他のカードのキャッシング枠は0円にしてしまいましょう。カードの会員ページや、サポートセンターに電話してキャッシング枠の額の変更を行うことが出来ます。

逆に、キャッシング枠が欲しいけどついていなかった場合はサポートセンターに電話して、キャッシング枠を作ってもらいましょう。安定した収入があれば問題なく枠を設定してもらえると思います。手軽に使えるとはいえ、キャッシング枠を大きくとってしまうとついつい使ってしまい、返済に困ることがあるかもしれません。自制のためにも、せいぜい10万円程度におさえておくのがいいでしょう。

消費者金融で借りられるお金の上限はどう決まる?増やすことは可能?

キャッシングでお金を借りようと思い立った時、気になるところはいろいろありますが、「一体自分はいくらお金が借りられるんだろう?」といった点は非常に気になるところですよね。自分が借りることが出来る額の上限は、一体どのように決まるのでしょうか。

まず、法律で定められた上限があります。貸金業法という法律の中で決められている仕組みで「総量規制」というものがあり、年収の3分の1よりも多い金額は借りることが出来ません。これは法律で決まっていますので、これ以上の額はキャッシングなどの消費者金融から借り入れることは出来ません。ですので、自分の年収の3分の1よりも少ない額で、金融会社側が貸し出せる金額を設定することになります。とはいえ、ほとんどの場合は総量規制ギリギリの額まで貸し出すということはありません。初めて借り入れる場合ならばなおさらで、総量規制での上限が150万だった場合はせいぜい多くて50万程度ではないかと考えられます。

しっかりと安定した収入があり、延滞もするつもりがないのに思ったよりも上限が低いな、とおもった方もいるかもしれません。きちんと返済するからもっとお金を貸してほしいなと思う気持ちは非常にわかるのですが、消費者金融側も商売で行っています。初めて申し込んだ人に対して大きな額を貸してしまうと、非常にリスクが高いのです。ある程度大きな額を借り入れるように出来る状態…融資限度額の上限を上げるには、消費者金融側と信頼関係を構築していく必要があるんです。

そのためには、消費者金融側に「この人はお金を借りてもちゃんと返すし、いいお客さんだな」と思ってもらうことが大切です。30万円を借りてゆっくり完済するよりも、10万円を3回に分けて完済のつど借りる方がいいお客さんだと見られるようです。もちろん、延滞はNGです。上限を上げたいと思うのであれば、1日であっても延滞がないように気をつけないといけません。ある程度借りる→完済するをしっかりと行っていれば、「融資限度額の上限を引き上げます」と連絡がくることがあります。上がり幅は個人によって様々ですが、30万円が50万円になる、50万円が100万円になるなど、結構大きく引き上げてくれることもあるようです。

しかし、なかなか上限が上がらない!という場合もあります。例えば、複数の会社からお金を借りている場合です。総量規制は1社ごとではなく、1個人に対してのものですから、総量規制での上限が150万円の場合、A社から50万円、B社から40万円、C社から60万円借りている状態だとこれ以上上限を上げることが出来ません。また、ここまで借りている額が大きいと、上限を引き上げても本当に返済できるのか懐疑的になってしまいますので、条件を満たしていても上限の引き上げが行われないことがあります。

借り入れる上限額が大きくなれば、複数社から借り入れる必要がなくなりますし、金利も低くなることが多いのでメリットが非常に大きいです。とりあえず借りられればどこでもいい!と複数社からお金を借りている場合、どこかに一本化してしまうのも手かもしれません。

手軽でバレにくい!?コンビニでキャッシングを利用する!

いまや日本中にあるコンビニは、わたしたちの生活にはなくてはならないものになっていますよね。お菓子や飲み物などの食料品だけでなく、宅急便も送れますし公共料金や携帯電話代の支払いなども出来ます。プライベートブランドの商品も充実していますし、その進化はとどまるところを知りません。

そんな、非常に便利スポットであるコンビニ。毎日コンビニに行っているよ、なんて人もかなり多いのではないでしょうか?コンビニのすごさはこれだけではありません。お金を借りることも、返すこともできちゃうんですよ。

現在の大手消費者金融やカードローンでは、ほとんどがコンビニのATMと提携しています。一度契約さえしてしまえば、「ちょっとお金が足りないな」と思ったときにコンビニに寄ればすぐに引き出すことが出来ますし、買い物のついでにコンビニATMで返済、なんてことも簡単に出来るのです。キャッシングにおけるコンビニ利用のメリットはこれだけではありません。もちろん手軽というのも大きなメリットですが、「実はバレにくい」というのも大きなメリットではないでしょうか。コンビニは、大抵の人が何かしら商品を買おうと思ったり、いけないことですが立ち読みするために入ってくることが多く、あまり他のお客さんに関心を示すことは多くありません。ATMを利用していても、銀行口座からお金を引き出そうとしているのかどうか区別が付きません。友達と一緒にコンビニに来た時でも、「ちょっとATM使うから」と一言言ってしまえばバレずに返済または借り入れすることが可能です。他のATMではなかなかこうはいきませんから、コンビニならではのメリットと言えるのではないでしょうか。24時間365日、時間を選ばないのも嬉しいですよね。

しかし、残念ながらコンビニで返済する場合のデメリットも存在します。それは、「手数料」です。一部の大手ではコンビニATMを利用しても手数料を無料にしているところもありますが、手数料がかかってしまう大手もまだまだあるのが実情です。手数料は一度につき100円~200円前後ですので、1回は大したことがないのですが、何回も利用しているとちりも積もれば…ですよね。ATMではなく、デジタル端末を利用した返済では手数料が無料、としている会社もありますが、コンビニの店員さんに「この人キャッシングでお金を借りているのか」と思われてしまう可能性があります。常連のところだと少々やりにくいですよね。また、家族にお金を借りていることを黙っている人は要注意です。提携ATMを利用すると、領収書が自宅に届く可能性があるんです。ばれないように慎重にしている人は、コンビニATMの利用は避けたほうが無難かもしれません。

手数料が有料だと、少々使いにくいと感じるかもしれませんが、銀行の時間外手数料に比べたら実は安く、土日にお金を引き出すぐらいならば、キャッシングで必要な額を借り入れて次の日に返すことで、手数料を節約することが出来るんです。また、コンビニ利用が多くなりそうだな…と思うのであれば、事前にホームページで提携ATMの手数料が無料になっているか調べてから申し込むという手もありますね。

自分のライフスタイルに合ったキャッシング会社を探すのは、お金を借りる上でとっても大切なことです。コンビニをうまく利用して、マネーライフをよりよいものにしてくださいね。

賢く使えば実はお得!キャッシングで外貨をチャージしよう!

せっかく海外旅行にいくならば、ショッピングもグルメもしっかり楽しみたいですよね。現金を両替しても、日本円に戻すためにまた手数料がかかるから…と、クレジットカードのみで支払いを考えている人も非常に多いのではないかと思います。

しかし、クレジットカードが使えない場所であったり、支払おうと思ったらまさかのカードが使用できない…など、トラブルが起こることも考えられますので、多少の現金は持って行きたいですよね。

外貨への両替と言えば、銀行や空港で行うのが基本的な方法と言えますが、なかなかに手数料が高いです。例えば銀行で両替する場合、米ドルなら3%ですが、マイナーな国の通貨であれば10%を超えることも珍しくないんです。少額ならまだしも、ある程度の金額を両替しようとすると手数料だけでもバカになりませんし、さらに通貨が余ってまた日本円に戻すとなると、倍の手数料がかかってしまいます。何も使っていないお金なのに、どんどん目減りしていくのは非常に悲しいものがありますね…。

最近よく使われているトラベラーズチェックは、銀行に比べると多少両替レートは低くなっていますが、やはりマイナーな通貨になるとレートが悪くなりますので厳しくなります。また、換金する際に手数料が必要になります。金融機関ごとに手数料は違いますがたいていは3%以下のようです。再発行も行えるので安心ですが、使える場所が限られている、サインが必要であるなど、少々面倒なことが多い方法です。

そこで便利なのが、クレジットカードのキャッシング機能です。キャッシングと聞くと「大丈夫なの?」と思ってしまうかもしれませんが、上手に使えば非常にお得なんです。まず、海外でキャッシングを行うと現地の通貨で引き出すことが出来ます。自分が使いたい分だけキャッシングすればいいので無駄が出来ません。その日の為替レートを参考に金額が決まり、なんと手数料は取られず無料です。これだけでもちょっとお得な気持ちになりますよね。

心配なのはキャッシングしたお金にかかってくる金利だと思います。確かに、金利は消費者金融などとほぼ同じである18%前後と考えておいて問題ないでしょう。利息は日割り計算なため、1日ごとに利息が付きます。1日ごとということは、1日でも早く返済すればそれだけ利息を払わなくてもいいと言い換えることが出来ます。そこで、旅行から帰ってきた次の日にでも一括返済を行ってしまえばいいのです。そうすれば、たった数日分の利息である数百円を支払うだけでおトクに外貨をキャッシングできてしまいます!注意点としては、一括返済を行う場合はクレジットカード会社に事前に連絡を入れておくことです。連絡を入れずに全額返済してしまうと、利息が正確ではないことがあるために余計な手間がお互いかかってしまうことがあるからです。必ず事前に連絡を入れてから返済しましょう。

キャッシングは多少不安…と思う方もいると思いますが、不要な現金を多く持ち歩くよりも必要なときに必要な額を引き出せ、すぐに返済すればほとんど負担がないのは非常に大きな魅力です。ぜひ次の海外旅行では利用を考えてみてください!

まさかの借金が消滅!?実はキャッシングにも時効があるんです!

時効と言えば、犯罪などの事件でよく語られる単語です。同窓会などで、思い出を語るなかで「あれはもう時効だから~」と使われるのを聞いたこともあるかもしれませんね。あまりキャッシングとは結びつき難い単語である「時効」の文字ですが、実はそんなことはありません。知らない人も多いと思いますが、キャッシングで借りたお金にも時効があるんです。

キャッシング会社から借りたお金を5年間返済しなかった場合、「消滅時効」というものに当たります。消滅時効とは、お金を貸した会社(キャッシング会社)が債権者(借りた人)に対して「返済してくれ」と返済の権利を行使しなかったのであれば、その契約はなかったこととしても双方にとって問題はないであろうなどの理由で、権利を行使できるけれど実際は行使しなかったため、権利そのものが消滅してしまうことです。ちなみに、時効までの5年間は、「支払いを行わなくなった日」を起点として5年間です。お金を借りて最初の3ヶ月は返済していたけれど、4ヶ月目から返済しなくなったのであれば、起点となる日は4ヶ月目の返済日となります。

じゃあ、お金を借りても5年間踏み倒せば借りたことにはならないのでは?と、ちょっと魔が差した人がいるかもしれませんが、消滅時効はそんな簡単に成立させられるものではありません。もちろん、キャッシング会社は貸したお金を回収しなければなりませんので、払わなかったところではいそうですか、とはいかないのです。消滅時効を成立させるために5年間が必要ですが、お金を貸した方であるキャッシング会社は、「時効の中断」を行うことが出来ます。

時効の中断として代表的なものは、借り手が「私には借金があります」と認めることです。具体的には、ずっと返済をしていなかったけれども「やっぱり踏み倒すなんていけないことだ」などと考え、1000円でも「返済する」という行為です。自分が借金をしていないのであれば、誰にもお金を返す必要がないのは当たり前のことですよね?しかし、返済を行っているという事実は「私には借金がある」と言っているのと同義なのです。返済を行った場合、時効までの期間は0にリセットされます。

次に、キャッシング会社が裁判で請求をしたときや、督促を行ったときです。内容証明で送られた督促状を受け取ってしまうと、「督促される借金がある」とみなされ、消滅時効の期間はリセットされます。また、裁判で判決を取られた場合、通常では消滅時効まで5年間ですが、それが10年間まで伸びてしまいます。自分が裁判に出た覚えがないからそんなの無効だ!と言いたくなりますが、訴状を受け取られなかった場合は公示送達という手段を使えばクリア出来ますので、自分が知らない間に判決が出ている、なんてこともあります。

わざわざ裁判を行わなくても、電話や書面で請求を行った後、6ヶ月以内に督促や起訴の手続きをとった場合でも時効の中断が行われます。このように、5年間踏み倒すなんて簡単だ!と思っていても実は非常に厳しいことがわかります。

また、消滅時効をクリアできたとしても、借り手が「時効の援用」という手続きを行わない限り借金は消滅しません。時効の援用とは、「私は時効の利益を享受しますよ」という旨を相手に伝えることです。時効の援用は、お金を借りているキャッシング会社に内容証明郵便で送ることで完了し、借金の事実が消滅します。

しかし、今後お金を借りたりクレジットカードが作れなくなる可能性は非常に高いですし、消滅時効になる可能性も低いです。借金が返せないというならば、素直に債務整理を行ったほうがいいでしょう。

ホントにまとめたほうがおトクなの?キャッシングの借り換え、一本化

いろんな消費者金融からちょっとずつお金を借りていると、返済や手続きが非常に煩雑になります。また、借りている額が100万円よりも少ない場合は金利も一番高いところに設定されていることが多く、利息だけでもバカにならなくなってきてしまいます。

そんな時に便利と思えるのが、借り換えや一本化のおまとめローンなどです。一時期よくCMもあったため、名前だけは知っているという方も多いのではないでしょうか。一般的にキャッシングまわりで言われている「借り換え」や「おまとめ」は、複数の会社から借りているお金を返済できるだけの額を新たに別の会社からまとめて借りてしまうというものです。

借り換えを行うメリットは、お金の借り先が複数社から1社になるため、返済先も1社となり非常に管理がしやすくなることが挙げられます。また、複数社から利息分も含めた額借り入れることになるので、大抵の場合は50万円~100万円以上の大きな額を借り入れることになります。大きな額を借り入れるということは、おまとめ先の金利が低くなる可能性が高いです。実際、おまとめローンの商品を打ち出している会社は金利を低めに設定しているところが多いです。

金利も低くなり、毎月の支払いも1回で済むなんて非常に便利で、メリットしかないように思えます。しかし、うまい話には裏がある、ではありませんが、注意しておくべき点もあります。

見た目以上に金利が高い場合があります。これだけでは、「?」だと思いますので、順を追って説明します。借り換えという名前であっても、行っていることは新規の借り入れと同様です。ですので、毎月いくら返済するのか、どれくらいの期間返済するのかを考える必要があります。おまとめしたからといって、毎月返済する金額を少なめにして期間を長めにとった場合、最終的に支払う金額がおまとめ前よりも多くなる可能性もあるんです。現状のまま返済した場合の合計額よりも、借り換えした後の返済合計額が多ければ全く意味が無いものになってしまいますので、金利の安さだけに囚われず、きちんと計算してから借り換える必要があります。

また、無駄なお金を借り入れてしまうこともあります。これは特に長期間借り入れがあった人に多いのですが、きちんと利息の再計算を行わずにただ残額だけを足した分を借り入れてしまう場合があるのです。もしグレーゾーン金利時代に借りたお金の返済が残っている場合、返済しなくてもいいお金、むしろ過払いとして戻ってくる可能性があるお金もあるかもしれません。借り換えやおまとめローンを行う場合、借り換え先はそのような計算をしてくれないところが多いので、無駄な分のお金まで借り入れてしまう…ということなのです。他にも、契約時に担保や保証人が必要になる場合もあります。きちんと返済できていればいいのですが、万が一返済できなくなった場合、自分だけでなく周りにも迷惑がかかる可能性がありますので、契約書はきっちりと読まないといけません。

一見、便利で利用しない手はない!と思ってしまう借り換えやおまとめローン。まずはしっかりと自分の返済額などを計算し、借り換えしたほうが本当にお得なのかどうかきちんと見極めてから利用しましょう。